« 自分らしく生きる | トップページ | 人間関係は信頼が第一 »

2018年5月23日 (水)

無心の心

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Ka_0721

「無心」・・・

心にわだかまりのないこと。雑念や欲心のないことです。

見るもの、聞くもの、現前しているものはすべて「あるがままの真実の世界」である、という意味です。何事も無心に徹すれば、すべての真実が現れてくるものです。

ありのままの自分でいることの大切さ

モチベーションが上がったり、下がったりするのは、自分を現状よりもよく見せたい、常に優秀であり続けたいと無理をするからです。

強い承認欲求に応えようとする気持ちが、心身を疲労させ、モチベーションを下げてしまうのです。飾らず、背伸びせず、いつもありのままの自分でいることが大切です。

初夏の爽やかな風のように

人間の気持ちとは可笑しいものです。どうしようもなく些細な日常に左右されている一方で、風の感触や初夏の気配で、こんなにも豊かになれるのですから。。。人の心は、深くて、そして不思議なほど浅いのだと思います。

心穏やかに

川のながれのように 、ときには深く考えず、流されるままに、波にゆられるように、ゆっくりと穏やかに…自然の流れに、身をまかせてみるのもいいと思います。

力を抜いて流されてみたら、あっという間にゴールにたどり着くことだってある。

« 自分らしく生きる | トップページ | 人間関係は信頼が第一 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無心の心:

« 自分らしく生きる | トップページ | 人間関係は信頼が第一 »