« 正負の法則 | トップページ | 愚者は経験に、賢者は歴史に学ぶ »

2018年5月14日 (月)

自己中心の行動を考える

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

自己中心

子どもは、自己中心ではなく、善悪の判断ができないのです。大人の言動・・・大人を真似して育っていくものです。最近思うのですが、マナー・ルールを知らない?人が多くなってきたように思うのです。

躾けの三つ・・・森信三先生の躾け・・・○・・あいさつ○・・ハイという返事○・・後片付けがあります。家庭環境の変化で、核家族化・夫婦とも稼ぎ・・・が大きな理由だと思っています。

その結果が、大人は、自己愛が強く、傷つけられたり、非難されたりすると、一人で悩んだり、極端に反発するなど、自己中心的と言われています。

そして、他人の気持ちがわからず、人とうまくかかわれない。子供の、いじめが蔓延し、常に不安感を持っているといわれています。

まずは、大人が襟を正す

ルール・マナーを守り、子どもの模範となる 子どもは大人の背中を見て成長していきます。まずは、大人がルール・マナーを守り、模範を示すことが大切です。

大人が率先して積極的に声かけやあいさつを行い、厳しくも暖かい目で子どもたちを見守ていくことです。

 「見て見ぬふりはしない」という気持ちを地域全体で持ち、地域の大人が見守ってくれているという安心感を大きくすることで、子どもは落ち着きと安らぎを受けます。

人知れず徳を積んだ者には、必ず表にあらわれた善い報いがあり、隠れた善事を行う者には、必ず人に知れ渡るようになると言われています。

« 正負の法則 | トップページ | 愚者は経験に、賢者は歴史に学ぶ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己中心の行動を考える:

« 正負の法則 | トップページ | 愚者は経験に、賢者は歴史に学ぶ »