« 利他の心は幸せの心 | トップページ | 初夏の江ノ島 »

2018年5月 7日 (月)

真心について

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

1812091

「真心」

「真心」・・・他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意(大辞林)

思いやりや、いたわりのある行動や、言葉は清々しく尊いものです。

真心、本物の心・・・誰もが納得して喜んでいただける、優しさと温もりを感じる行動と態度、言葉で、日々を過ごしたいものです。

「頼めば越後から米搗きにも来る」

真心をつくして頼めば、人はどんな難儀なことでも承知してくれるというたとえです。心から頼めば、遠い越後から米搗きに来てくれるという意です。

感情は誰にもあります。

嬉しい・楽しい・悲しい・寂しい・・・などはどこから生まれるのかを、考えますと、真心から生まれるのだと思います。真心があるからこそ、感情が生まれるのです。

真心とは、人それぞれの魂の軸のようなもので、それは死ぬまで絶対に汚れない、純粋なもの、汚れのない純粋なものです。

« 利他の心は幸せの心 | トップページ | 初夏の江ノ島 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真心について:

« 利他の心は幸せの心 | トップページ | 初夏の江ノ島 »