« 自己中心の行動を考える | トップページ | 五月病のこと »

2018年5月15日 (火)

愚者は経験に、賢者は歴史に学ぶ

Photo

「愚者(普通の凡人)は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。

その言葉を文字通りとれば、愚者は自分の経験からしか学べないが、賢者はそれに加えて、歴史からも学ぶことができる…という意味になります。

たしかに愚者は、自分の経験に依存することが多いと思います。「痛い目に遭わないと解らない」・・・自分でやってみて、「はじめて納得する…」ということです。 

たとえば、何か目標を決めて、一つの事をチャレンジしたいと、頑張って見て・・・どうしても達成できない・・・何事にもセオリーがあります。そのセオリーを習得すれば、遠回りが、近道だと言うことです。「急がば回れ」と言うことです。

将棋・囲碁などの「定石」を学ぶ・・・「強い人に勝つためには、定跡を学ぶことが必要だ」と実感するようになるのです。投資やスポーツの上達過程においても、同様のことです。

結局、自分が痛い目に遭わないと解らないのです。

「想像力の欠如」といえば、そうなのでしょうが、「自分が痛い目に遭わないと解らない」ということは、あるのだろうと思います。痛い目にあって初めて実感すことです。

« 自己中心の行動を考える | トップページ | 五月病のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚者は経験に、賢者は歴史に学ぶ:

« 自己中心の行動を考える | トップページ | 五月病のこと »