« きゃらふきの味 | トップページ | 世の無常と儚さを知る »

2018年5月12日 (土)

返報性の原理のこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Mtfuji801604_6401

「返報性の原理」

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという、感情を抱くが、こうした心理をいう。(ウィキペディア)

幸せを手に入れる人
は、無意識に、それを実践しています。いつも相手のことを気づかい、一歩引いて構えます。結果は、どんな人でも、その人に好感をを持ちます。

反対に、周りの迷惑も考えず、わがもの顔で横柄な態度を、取ると「自分さえ良ければいいんだ」と言わんばかりに・・・そういう人は当然のことながら人から好感をもたれません。結果的に悪い評判が立ち、人から敬遠されるようになります。

そして、しまいには人から避けられるようになり、そのうち誰も相手にしなくなります。そうなって、「みんな自分のことを嫌ってる」・「みんな私のことをイジメテいる」と大さわぎをはじめるのです。

まず自分から先に、相手に何かをしてあげること・・・「笑顔で挨拶をする」・・・何も物をあげなくていいのです。

「相互扶助の精神」

幸せになる人は、相互扶助の精神で接し、コミュニケーションがよくなり、人に会ったら笑顔になるのです。

現代社会は競争社会です。他人より少しでも、いい暮らしを、考えています。それには子供教育でも・・・「上を目指せ!」と背中を押され、なんだか気が休まることがありません。

今自己中心・・・「自分さえ良ければいいんだ」の考えの人が多くなっています。私は、このままですと「相互扶助の精神」は失われて、社会は崩壊するのではと・・・心配しています。

人生には連戦連勝はありえません。そんなときに負けた人や、弱い人に最後に手を差し伸べることができる人こそが、人生で幸せを手に入れることができる人です。

幸せを手に入れることができる人というのは、どんなに成功したとしても、決して「自分ひとりの力でここまで上り詰めたのではない」のです。そして、必ず人への感謝の気持ちと、謙虚な気持ちを忘れないことです。

« きゃらふきの味 | トップページ | 世の無常と儚さを知る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 返報性の原理のこと:

« きゃらふきの味 | トップページ | 世の無常と儚さを知る »