« 感動すること | トップページ | 多文化共生社会の時代 »

2018年4月 8日 (日)

花まつりのこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Hanamatsuriamatya11

花まつり 幼きころの あまちゃ味

今日、四月八日は、「花まつり」お釈迦さまの誕生日をお祝いする日です。宗派に関係なく全国の寺院や地域をあげてお祝いしています。

70年前の頃のこと私は、近くのお寺(曹洞宗・白華山 慈眼寺)に子どもたちと、甘茶(あまちゃ)を頂けるということで、友だちと、初めていきました。

終戦、間もないころでしたので、砂糖などなく、サッカリン・ズルチンの時代(それも手に入れるのは難しかった)でした。

暗いお堂に花に飾られた、お釈迦様の像*があり、像の回りに水盤があり、子どもたちは並んでお釈迦様の像に甘茶をかけたのです。始めての甘茶の味は、美味しかったことを今でも覚えています。

*「天井天下唯我独尊」の像・・・

宇宙のなかで自分より尊い者はいないという意味で、釈尊が誕生したときに、右手を上げて唱えたと伝えられる語。誕生偈 (げ) と称されます。

« 感動すること | トップページ | 多文化共生社会の時代 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花まつりのこと:

« 感動すること | トップページ | 多文化共生社会の時代 »