« 多死社会 | トップページ | 幸せとは充実感 »

2018年4月23日 (月)

老齢期は人生の総仕上げ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

05_12801

「老齢期とは、人生の総仕上げの時代であり、

                 人生の終わりではなく人生の集大成の時期です。」

今まで生きてきた人生が凝縮されて老後に全て現れるのです。体力や健康だけではなくて、その人の人間性が老後に集大成されて全部現れてくるのです。

こう考えると、私も残りの人生の時間がとっても大切に思えるのです。しかし考えてみると、特に身構えなくても今の自分は今までの自分の集大成なのです。

今の自分に本当に満足できているか?と自分に聞いてみればいいのです。そして足りないところをこれからの人生で変えていけばいいのです。それが自分の人生を集大成させることにつながっていくと私は思います。

分の評価はできるだけ客観的に自分ですることです。最終的には自分の評価を人には委ねない。人に評価されるから自分が正しいと思うことはないのです。

誰でも、他人に評価されれば嬉しいかも知れませんが、人に評価されるために人生を生きようとは全く思っていません。そんなことは私にとってどうでもいいのです。

松井秀喜氏の母校、石川県、星稜高校野球部監督、山下智茂氏の有名な言葉が参考になると私は考えています。

心(心構え)を変える→生きる心構えを変える

『心が変われば、意識が変わる→意識が変われば、態度が変わる→態度が変われば、行動が変わる→行動が変われば、習慣が変わる→習慣が変われば、人格が変わる→人格が変われば、運命が変わる→運命が変われば、人生が変わる』

意識が変わって、行動が変わって、習慣が変わる・・・ここまで来れば人生は大きくいい方向に舵が切れると確信しています。習慣化は何かを成し遂げるために、大きな力になると思います。

« 多死社会 | トップページ | 幸せとは充実感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老齢期は人生の総仕上げ:

« 多死社会 | トップページ | 幸せとは充実感 »