« 事故を起こしてからでは遅い | トップページ | 難しい超高齢化社会 »

2018年3月 5日 (月)

片倉城跡公園の桜で思う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

C0007169_214635951

「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」

春になると、この言葉をよく思い出します。

花は年ごとに変わることなく咲くが、人の境遇は年ごとに変化していく・・・自然が変わらないのに対して、人の世ははかなく移りやすいものです。

子供のころに見た桜・・・大人になって見た桜・・・「桜の花」ということには間違いはありませんが、決して同じものではありません。

私たちの町に昔から湯殿川が流れいます。護岸工事で蛇行から直線的になって風景は違ってしまいましたが、川の水は今も、西から東へよどみなく流れています。桜の木は、日々歳を重ねますが、春には花を咲かせます。

「諸行無常」・・・

毎年、片倉城跡の桜を見て思う、自分自身も間違いなく変わっているのです。私が子どものころの、湯殿川で泳いたり、洗濯したりし、田んぼに水を引いたり・・・人々は、川に関わり合ってきたのです。私たちの片倉町には、開発されて田んぼはもうありません。

今、湯殿川の河川管理通路の直ぐ傍に、桜の木を始め色々な花を植えて、片倉城跡公園は整備され、八王子市でも屈指の公園となっています。毎年春になると、色々な花が咲きますが、人は毎年同じでない・・・実感しています。

« 事故を起こしてからでは遅い | トップページ | 難しい超高齢化社会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片倉城跡公園の桜で思う:

« 事故を起こしてからでは遅い | トップページ | 難しい超高齢化社会 »