« 桜満開の片倉城跡公園 | トップページ | 恐ろしいプラスチックのゴミ »

2018年3月30日 (金)

長生きして良かった

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

800pxtakatocastle1

年老いて思う。

生きることはときに楽しく、ときに悲しいものです。老いや病気を避けることはできません。そしてだれもが必ず人生を終えるときを迎えます。でも人は、そうした場面のなかで心を豊かにできるものなのです。老いとは、たくさんの鎖から解き放たれる実感でもあるのです。

今年も桜の季節です。

来年も、この花を見られると無意識に思っていた若い時よりも、今年のこの花が見納めかもしれない…来年の花は見ることはできないかもしれない…そう思った時、花の色も形も枝ぶりも、その場に吹いている風の感触さえ、この上なく愛おしく思えます。

年齢を重ねることで、よりデリケートにして果敢な体験者、実践者、目撃者、伴走者になれる…私はそう考えています。

無常の風が吹くなかで。

確かにこの社会は、高齢者に優しくない?と感じる時があります。高齢者に優しくない傾向がある社会はそのまま、高齢者から最も年齢が離れた子どもにも、優しくない社会である、とも言えます。

それぞれの高齢者が長生きして、良かったと思える社会はそのまま、それぞれの子どもが、生まれてきたよかったと、思える社会であると私は考えます。

« 桜満開の片倉城跡公園 | トップページ | 恐ろしいプラスチックのゴミ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長生きして良かった:

« 桜満開の片倉城跡公園 | トップページ | 恐ろしいプラスチックのゴミ »