« 健康とは・・・ | トップページ | 人が安心して暮せるには・・・ »

2018年2月20日 (火)

子は親の鏡

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

177156871

「子供の躾と道徳…教育」

子供の日頃の行動から、『親の「道徳教育」…』の必要性を感じることがあります。

親の道徳観や判断力の乱れが感じられ、それが各地で子どもをとりまく、さまざまな問題を引き起こす最大の原因になっているからです。

「子どもは親の後ろ姿を見て育つ」・「子は親の鏡」・「親が親なら子も子」…とにかく子どもと親のつながりをいう言葉はたくさんあります。しかし、最近の親には「親が親なら子も子」といったようなことばが一番ピッタリなような気がします。

確かに「子どもは親の後ろ姿を見て育つ」のですが、最近の親は必ずしも子どもにいい後ろ姿を見せていない場合が多くありませんか?

学校は、学業を教えるところであって、躾をする場所ではありません。最近「子どもは地域で育つ」・「教育・躾は学校でやってもらうもの」そう決め込んでいる親もいる?

私は、基本的には「教育の根本は家庭にあり」という一番重要なことだと思います。小・中学校の子育ての段階で、学校任せになってしまっているという考えがありますが、これは間違いであると思います。

基本的生活習慣や躾の根本まで学校任せということもあります。そうでありながら、学校に対してさまざまなクレームをつけてくることが多いのです。

ですから学校も反対に、子どもをしっかりと養育しない親に対して、子どものためにもクレームをつけてもいいのではないかと思うほどです。

それに、「地域で育つ」では、親として自分自身が地域の一員という意識が薄い親が多いのです。中には「地域」といえばなにかわが家庭ではなく、自分たちが含まれない何か別の場所とでも思っている節さえ感じさせる人もおられます。

« 健康とは・・・ | トップページ | 人が安心して暮せるには・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子は親の鏡:

« 健康とは・・・ | トップページ | 人が安心して暮せるには・・・ »