« 生きる目的とは | トップページ | これからの時代の生き方…人生観 »

2018年1月 6日 (土)

起きた結果には原因がある

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

07kitayamazaki31

私は昨年の12月始めに、腰に激痛が走り、整形外科医に診察をうけ・・・「脊柱菅狭窄症」と診断され、1ヶ月経ちましたが、まだ右脚が痛くて歩けません。

横になって眠れない。症状が続いています。血液の流れを良くする飲み薬を飲み、腰部固定バンドを締めていますが、改善しません。早く、治したいのですが・・・近所の経験者に聞いてみて、時間が掛かるとのことです。

病気をして分かる健康のあり難さ

生きていくと、病気や怪我…思わぬことが起きるものです。年をとり「無理しないこと」と分かっていても・・・防げないことがある・・・つくづく思う今日この頃です。

結果には原因があります。起きることに偶然はなく、すべて必然なのです。そんな時に、どんな対応をするかでその後の人生は決まってくるのだと思うのです。

今大事なのは、「どうしてそうなったかではなく、これからどうするかなのです」・・・と思っています。

« 生きる目的とは | トップページ | これからの時代の生き方…人生観 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起きた結果には原因がある:

« 生きる目的とは | トップページ | これからの時代の生き方…人生観 »