« 起きた結果には原因がある | トップページ | 心の豊かさとは…正月に思う »

2018年1月 6日 (土)

これからの時代の生き方…人生観

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

今の若者は、どのような人生観を持っているのでしょうか・・・自分の意志で、将来を生きて行きたいと思っているのでしょうか・・・現代は確かに価値観の多様化しています。

判断次第で、いかようにも異なる未来が、切り開けると信じる人もいれば、将来はすべて決められた道のりの上にあり、毎日はその道を歩むだけと考えている人もいます。

現代の人特に「ゆとり世代」は未来に対して希望も持ちつつ、不安もかなり増大していると思います。その原因となっているものは、「人生における選択肢の多様化」です。

学び、遊び、恋愛、結婚、出産・育児、職業生活等、人はライフイベントごとに選択肢を持ち、選択し続けます。あ

尊敬する人(見習う人)・・・父親、高校の先生、上司の部長、ビル・ゲイツ、坂本龍馬などなど、偉人や歴史上の人物、著名人から両親や身近な職場の上司まで、何の脈絡もなくバラバラにいろんな立場の人たちがリストアップされると思います。

PCやスマホがなくたって十分にコミュニケーションを取れていた時代に生きていた人たちが、それらなしでは日常生活もロクに成り立たないとなれば、苛立ちを覚えて当然でしょう。

新しいキカイを前にどうしたものかと立ちすくむと「情弱」と蔑まれ、私はアナログでいいんだと自分に言い聞かせようとすれば「オワコン」の烙印を押される?

時代の変わり目というのは、そういうものなのかもしれない。だが、加齢の価値がこれほど暴落する世の中は、決して出来のいいものじゃないでしょう。

今は情報強者として振る舞っている世代だって、デジタルネイティブにどんどんやられていくだろうし、その10年、20年先はまた別のキカイに馴染んだ世代が台頭して、上を旧世代扱いしていく・・・

人口の多い高齢者のご機嫌取り政策ばかりで、若い人たちの問題が軽視されている?といったシルバー民主主義批判がよくされていますが、どうしてすぐそういう世代対立に話をもっていくのだと思います。

人はみな歳をとる・・・安心して歳をとれるから、若い人たちも頑張れるのです。加齢を喜べる世の中じゃないと、全世代が前を向けません。

形骸化した年功序列は最低だが、「長幼の序」自体は必要です。逆風は吹き荒れるばかりだが、年長者は踏ん張らなければならないと思います。

« 起きた結果には原因がある | トップページ | 心の豊かさとは…正月に思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これからの時代の生き方…人生観:

« 起きた結果には原因がある | トップページ | 心の豊かさとは…正月に思う »