« 優しさと思いやりの違い | トップページ | 人生80にして思うこと »

2018年1月15日 (月)

悪行は無くらない

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Sakura4031

新年早々、いやな事件のニュースを見聞きし・・・

安心安全な社会にしたいものです。

残念なことに現在でも、犯罪や社会悪(貧困や差別など)は無くならず、人間を苦しめています。では、この先もずっとこのような悪は無くならないのでしょうか・・・

将来的に悪が完全になくなることはないでしょう。悪が現在よりも減ることはあってもゼロにはならないでしょうね。

それは、人間には自由意志というものがあり、その自由意志を行使するのは自分自身だからです。人間はロボットのように善のプログラムを忠実に再現出来るものではありません。

ですから、自由意志を行使できる人間の意識が変わらない限り「悪」というものは無くならないでしょう。個人が「悪」という失敗に気づいて意識が変わらないと「悪」という結果をくり返してしまうのです。

この世界には、完全に善だけしか行わない、完璧な人間は存在しません。人間は必ず何らかの悪(失敗)を経験しており、何らかの欠点があるものです。また、人間は三毒(貪・瞋・痴)は消せない。 

逆に言うと、もし人間が善だけを行って、悪(失敗)を行わないようにできているならば、存在価値がありません。最初から完璧な人間がいるとしたら、進歩向上する意味がないので存在している意味も無いからです。

人間は進歩向上して喜びを感じるために、存在しているのですが、困難や苦しみが無ければ喜びを感じることもできなくなってしまいます。

「反面教師」という言葉がありますが、「悪」が存在することによって人は「悪いことをしてはいけない」と学び、「善」が存在することによって人は「善の大切さ」を学びます。

« 優しさと思いやりの違い | トップページ | 人生80にして思うこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/72685887

この記事へのトラックバック一覧です: 悪行は無くらない:

« 優しさと思いやりの違い | トップページ | 人生80にして思うこと »