« 心豊かな人間 | トップページ | 運を天にまかせる »

2018年1月21日 (日)

季節の移ろいを楽しむ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

000000811

アッというまの時は過ぎてしまいます。

今年も、1月21日となり・・・「早いなぁー今年もう21日過ぎた」「早いなぁー」と、ため息をつくばかり・・・年をとってつくづく早く感じます。こうも慌ただしい日々が続くとついつい口から出てしまうから困ったものです。

それは同時に季節を感じる余裕すら無くしてしまっているのではないかとすら感じてしまう。つまりそれは春に桜、夏にはバラ、そして秋にはコスモスなどの季節を感じる草花を愛でたりする余裕すらなくなってしまっていると言うことです。

その瞬間を大切にする」と言う感覚

「その瞬間を大切にする」・・・と言う感覚の欠如が意味するものは感覚から感性へ、そして感情へと失うモノがやがて大きくなるのではないでしょうか・・・。

季節の移り変わりというのは単なる暦上のものではありません。桜が咲く頃に新しい事を始めたくなったり、朝夕にじんわりと広がる肌寒さに秋の訪れを憶えるといった具合に・・・

私達は視覚や肌感覚、味覚といった五感を総動員して感じています。そしてもう一つ、季節の移ろいを感じられるものがあります。それは「果物」です。旬の時期に収穫された果物は季節の変化を手に取って触れる形にしたものです。

「梨のおいしい季節になりましたので贈ります」と手紙を添えた果物を受け取ることで「ああ、今年も夏が終わって梨のおいしい秋が来たんだな…」と高い秋空をまっすぐに見上げ、爽やかな錦秋に心踊らせます。

旬のおいしい果物が新しい季節がやってきたことを教えてくれるわけです。

« 心豊かな人間 | トップページ | 運を天にまかせる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節の移ろいを楽しむ:

« 心豊かな人間 | トップページ | 運を天にまかせる »