« 人間らしさ | トップページ | 損して得をとれ »

2017年12月19日 (火)

ローマ法王の言葉を聴いて

K10011263201_1712182208_1712182217_

今朝のNHKラジオニュースを聴いて感動しました。

「東京の大学で学生とローマ法王が映像回線通じ対話」

東京都内の大学で、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王と映像回線を通じて対話する催しが18日に開かれ、若者への期待から宗教の在り方まで、参加した学生たちから多彩な質問が相次ぎました。

この催しは上智大学が企画したもので、バチカンのローマ法王庁と映像回線でつながれた大学内の会場には700人を越える大学生や高校生が集まりました。

対話では、8人の学生たちが英語や日本語などでフランシスコ法王に直接、質問をぶつけました。このうち、若者に期待や懸念はあるかという質問に対し・・・

フランシスコ法王

「今の若者は人生を急ぎすぎ、文化や歴史、家族などのルーツを見失っている。年を重ねた人たちとの対話を大切にして、過去を見つめながら現在に挑戦し、将来を見据えてほしい」と述べ、学生たちを励ましました。

また、少数派のイスラム教徒、ロヒンギャの問題が起きているミャンマーからの留学生が宗教の大切さについて質問したのに対して、「宗教は自分を成長させ、他人に奉仕するためもので、他人を傷つけるものではない」と述べました。

上智大学によりますと、ローマ法王が特定の大学と個別に対話の場を設けるのは極めてまれだということです。質問したミャンマーからの留学生は「ミャンマーのように複数の宗教の間で対立が起きている国では、法王が述べたように、互いを尊重することが大切だと感じた。多くのことを学ぶことができた」と話していました。

« 人間らしさ | トップページ | 損して得をとれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローマ法王の言葉を聴いて:

« 人間らしさ | トップページ | 損して得をとれ »