« ゴミのない美しいまちにしよう | トップページ | 心が折れそうに・・・ »

2017年11月11日 (土)

季節を捉えて生きること

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

08omitake_buna_aki11

季節を感じる心

最近は、季節感が以前に比べ、薄れてきたと言われています。野菜など、食べるものは季節と関係なく、一年中、手に入るようになりました。

昔から地域で行われていた行事も、都会では、なかなか見られなくなってきました。日本の四季の中で生活する子どもたちのためにも、すべての人が季節を感じる心を大切にしてほしいと思います。

大切な「自然を捉える」

季節を感じ、本来の人間が生きることは大切です。

日本人は、四季に恵まれた国で、刻一刻と移り変わる自然を、毎日の生活の中で身近に感じ、その鋭い感受性、八百万神に象徴されるアメニズム的感で、自然観を育んできたと思います。

かっては日常的に使われていた二十四節気と七十二候を日々の生活に取り入れ、自然を全身に感じ、小さな季節の移り変りに目を向ける日々を送っていました。

« ゴミのない美しいまちにしよう | トップページ | 心が折れそうに・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節を捉えて生きること:

« ゴミのない美しいまちにしよう | トップページ | 心が折れそうに・・・ »