« 心が折れそうに・・・ | トップページ | 晩秋の風景 »

2017年11月14日 (火)

人は支え合って生きられる

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Ityounamiki1

幸せは自分一人では得られなません。

周りの人の幸せを考え、世の中のことを考え支えてこそ、本当の幸せが得られるのです。

人は支え合って生きている

お互い自分で幸せになる努力をしながら、一緒に支え合って生きていけるのです。そして、大事なことは、自分が幸せでないと、人を幸せにはできないということです。

家族や友達が幸せなら、自分は不幸でも良いとは思いません。私が不幸だと、家族は幸せではないでしょうし、困っている友達を助ける余裕を持っていられないと思うからです。

自己犠牲という考えでは疲れます。「奉仕の活動」それが私の生きがいと思っています。

私の奉仕活動

骨身を削って奉仕活動に専念しているわけではないですが、誰かがやらなくてはいけないと思い、あまり無理をせず行っています。

稲盛和夫氏の言葉

「世のため人のために尽くす」ことが人間としての最高の行為です。

人間は「自分だけよければいい」と利己的に考えがちです。しかし本来、人間は人を助け、他の人のために尽くすことに喜びを覚える、美しい心を誰もが持っています。

利己的な思いが強すぎると、美しい心は表に出てこないのです。利己的な思いを抑え、「利他」の心をもって「世のため人のために」尽くさなければなりません。

« 心が折れそうに・・・ | トップページ | 晩秋の風景 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は支え合って生きられる:

« 心が折れそうに・・・ | トップページ | 晩秋の風景 »