« 感謝できること・・・ | トップページ | お互いに礼をすること »

2017年11月 3日 (金)

公園や広場で、子供の遊び方で思う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

16bf410e

公園やまちの広場で、遊ぶ子供たち「規範意識」のなさに将来を案じています。

最近私たちのまちの公園や広場で、気が付くのが、公園は公共(みんなのもの)・・・意識がない子供が多い。食べ物・飲み物のゴミを家に持ち帰り・・・を教えていないのではないでしょうか。

持ってきた野球のボールで遊んだ後、持ち帰らない。多分、親に要求すれば、また新しい買ってもらえる?物を大事に使う事を教えていないのではないでしょうか。 

「物を大切にする心」

「まだ使える」「もったいない」「いつか使うかも」、こんな気持ちは、物を整理する時に湧きおこります。でも、大切にすると言う事は、持っている事でも、仕舞い込んでおく事でもありません。

大切にするとは、物を丁寧に扱い、労わりを持って、よく使う事でしょう。こんな小さな自分の持ち物への心遣いは、自然と公共物に対しても、社物に対しても現れてきます。

これは、自分を取り巻く人たちとの関係にも当てはまります。自分が関わる全ての人に対し、気配りを持って接する事が出来ます。

子供たちに「規範意識」をもたせる(躾け・教育)

学校、家庭、地域社会とも連携し、子供たちの健全育成上の課題についての、共通理解を深め、どのように取り組むか、を確認し合うことが大切です。

社会のルールやマナーを守れない、子供たちが増えた原因・・・

① 「正しい社会のルールやマナーが身に付いていない大人が増えているから」

② 「子供が悪い行為をしたときに、きちんと叱れる親が減っているから」

大人や、親の在り方に問題があると思います。大人が自分の在り方を見つめ直すとともに、子供たちの規範意識を高めるために、それぞれの立場でできることを考え、その実践に努める必要があります。

« 感謝できること・・・ | トップページ | お互いに礼をすること »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園や広場で、子供の遊び方で思う:

« 感謝できること・・・ | トップページ | お互いに礼をすること »