« 理屈だけでは進展がない | トップページ | 社会人の基礎能力 »

2017年11月30日 (木)

無くらないゴミのポイ捨て

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

142820090228081

何んで・・・

道路や公園・家の前などに、ポイポイとタバコの吸い殻を捨てるの?

自分に・・・直接影響ない・・・自己中の人?

ゴミをポイ捨てする人は、ゴミをポイ捨てされた側がどんなに嫌な気分になるか、理解できず、想像すらできない、未熟な心を持った人です。

誰にも見られていないから、大丈夫だろうと、ゴミをポイ捨てするのですが、誰にも見られていなければ、何をやってもいいという考え方は、非常にいけないことです。

最近思うに、教育学者の森信三先生の・・・しつけの三大原則の大切さを感じる毎日です。

ゴミのポイ捨てする真理

ポイ捨てをする人は「自分さえよければそれでいい」ってことさえも考えていないのではないでしょうか?考えることができれば、もうすこしモラルを身につけることができるでしょう・・・

考えないから「いらないものは手から離す」ので「ポイ捨てしていることにさえ、気が付いていない」のではないでしょうか?

何か大きな出来事が、身近で起きて、考えたときに初めて、「アッ、自分はポイ捨てをしていた」と気が付くのでしょう。

私も、前の車のドライバーがタバコの吸殻を投げ捨てるのを見ると、子供の頃の「しつけ」が出来ていない人で、親はどんな人だろうと想像してしまう。

出来れば、拾って「落し物ですよ」といって車内に放り込んでやりたいとも感じます。・・・実際は何もすることもできず余計に腹立たしく感じます。

« 理屈だけでは進展がない | トップページ | 社会人の基礎能力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無くらないゴミのポイ捨て:

« 理屈だけでは進展がない | トップページ | 社会人の基礎能力 »