« 人と人の関わり合いの大切さ | トップページ | 10月の冷たい雨 »

2017年10月16日 (月)

豊な自然の大切さ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dscn04001

自然の豊な環境を守ろう

人間の生活は、自然環境がもたらす生物資源に支えられています。

生物の多様性・・・(生きもののつながり)

身の回りにある食べ物、生物の多様性が損なわれれば、私たちはその恩恵を受けることができません。人間が安定した暮らしを送るためには、さまざまな生物を育む自然の豊かさを守っていくことが重要なのです。

人の心の豊かさ・・・豊な自然の中で・・・

「自然は人間の苗床」といわれているように、幼児の時から自然とのふれあいの機会を多くもたせることによって、子どものみずみずしい感受性や五官を刺激することが不可欠です。

子どもから大人まで自然の豊かな恵みを享受する自然とのふれあいは、生態系の一部である人間が自然との共生への理解を深めていく基本的な行動といえます。

しかし今、日本各地で身近な自然環境が消失し、人工環境が増えるにつれて、交通公害や水質汚濁、近隣騒音といったいわゆる都市生活型公害問題や地球環境問題が深刻化する「外なる自然」破壊が進んでいます。

さらに、現代の日本では、人間が本来もっている感受性や五感の劣化、さらに人間関係や対人関係のつまづきによるいじめ問題の拡大、孤独への不安など、「内なる自然」破壊が起きてきているといえます。

« 人と人の関わり合いの大切さ | トップページ | 10月の冷たい雨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊な自然の大切さ:

« 人と人の関わり合いの大切さ | トップページ | 10月の冷たい雨 »