« 子ども達に迷惑かけない老い方 | トップページ | 人の気持ちを読むこと »

2017年10月26日 (木)

年寄りの独り言

Otiba1

「人の一生は、生きた内容が大切なのだ」

人の一生は、どれだけ長生きしたではなくて、どれだけ自分の責任を果たせたか、どれだけ社会の一隅を照らせたか;長生きよりも生きた内容が大切なのだ。

 人間の一生「生・老・病・死」この世に生まれ…死ぬのです。

愛情を注ぎ、立派に育ててくれた両親・・・感謝の気持ちは忘れないで欲しいものです。親から子供、そして孫と繋がり社会に貢献することが、人の生きる目標であると思います。

人間に限らず、この世に誕生し「生きるのサイクル…生・老・病・死」は自然の姿です。そして最も大事なことは子孫を残すこと・・・それが生き物の本能です。

生き物は、親の愛に育まれて、大人に成長し結婚・子供をつくり・・・と繋がっていくのですが、役目を終えた年よりは邪魔扱いされ、長生きは迷惑だ?

いくら人間愛やしきたり、風習や、綺麗事を並べてみても、介護する側が大変なのは事実です。介護される方も悲しく辛いということもあります、する方も大変です。

頼むから早く死んでくれと皆思う?のですが、そういう年寄りは長生きを目標としている傾向にあります。回りへの多大な迷惑を考えず、時間で自動的に出る飯を、がつがつ食べ長生き?しようとしているのです。

でもやはり自分が高齢になると「子供の世話になりたい、施設には入りたくない」「嫁が世話をするのは当たり前」と思うものなのでしょうか?

自分は、自分の子供たちの生活に支障をきたし、迷惑をかけ、挙句の果てには厄介者扱いされるくらいなら、さっさと施設に入りたいです。

« 子ども達に迷惑かけない老い方 | トップページ | 人の気持ちを読むこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年寄りの独り言:

« 子ども達に迷惑かけない老い方 | トップページ | 人の気持ちを読むこと »