« 自然環境を守る大切さ | トップページ | 超高齢化社会となって・・・ »

2017年10月31日 (火)

公徳心を持ってほしい

Photo

毎日ゴミ拾いをしています。

ゴミはなぜなくならないか?

拾う人がいるから、なんとかごく狭い範囲の、見えるところは「まぁまぁ現状維持」を保っているよですが?・・・拾っている人から見ると、環境に対する認識が段々悪くなっていくように思うのです。

行政も、環境美化・ゴミ問題に力を入れていますが、まだまだ、一般市民の認識は足りないようです。「自分の家に捨てない」事から、自分さえ良ければ・・・の自己中の人が多くなったからだと思います。

また、ゴミは持ち帰るという考えがないからでしょう。ゴミは捨ててくるもの、そう思っているんじゃないでしょうか?

徳教育の大事さ

人は生まれて、親の躾けでモラルを…教えで、生きるための手段を親から学び…一人では生きて生けない事を家族から学び…幼稚園・学校・地域社会から人間社会で生きることの術を学び大人になるのです。

ポイ捨てする人が大人

子供よりいい年した大人が多いです。タバコの吸い殻は大人です。子どもは大人の仕業を真似します。「大人が捨てているから・・・いい?」と判断してしまうのです。

一般道路や公園・河川・海など公共の場では、ゴミは持ち帰りです。公共心・公徳心を持ち、地球に優しい環境づくりを考えてほしいものです。

「公共」とは社会一般。おおやけ。
「公共心」とは公共のためを思う心。社会の利益を図ろうとする精神。

「公徳」とは社会生活をする上で守るべき道徳。
「公徳心」は公徳を大切に思って守ろうとする精神。

 

 

« 自然環境を守る大切さ | トップページ | 超高齢化社会となって・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公徳心を持ってほしい:

« 自然環境を守る大切さ | トップページ | 超高齢化社会となって・・・ »