« コスモスへの想い | トップページ | 感謝の心  »

2017年9月11日 (月)

人が涙するとき

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2054421

「人の涙」

涙を、今すぐ流そうと思っても、流すことができません。人は涙が流す時は、悔しいとき、嬉しいとき、涙を流します。また、悲しいことがあったときや、懸命の努力が報われたときなどです。そして、思いが胸いっぱいになってあふれたとき、涙がこぼれます。

涙が出そうになったとき、我慢するのはよくありません。涙は、流すためにあります。

たくさん涙を流すのは、弱いからではありません。いろいろな深い経験をする機会が多いから、よく涙を流すのです。すなわち、涙の数が多いほど、貴重な経験もできていることになります。

人生では、涙を我慢するのではありません。むしろ逆です。涙を流す機会を増やす努力が必要です。人の気持ちが理解できるようになったり、自分の夢を実現しやすくなったりするからです。

涙の数だけ強く、大きくなれる

TOMORROW の「涙の数だけ」強くなれるよ!・・・がありますが、涙の数だけ、大人になれ、強くなれます。泣くことが少ない人より、よく泣く人のほうが、人生を深く味わっています。泣き虫ほど、大きく成長できるのです。

« コスモスへの想い | トップページ | 感謝の心  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71674103

この記事へのトラックバック一覧です: 人が涙するとき:

« コスモスへの想い | トップページ | 感謝の心  »