« 平均寿命と健康寿命 | トップページ | ゆっくり生きよう »

2017年9月20日 (水)

親が教えなければ・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

私はゴミ拾いをして思うのです。

車から、歩きながら、まちの道路・公園に・・・当然の如く捨てられています。タバコの吸い殻・空き缶・空きビン・ペットボトル・食べ物の包装紙・・・などなどです。

大人がポイ捨てしていれば、子どもはそれでいいと思うのです。そして人が捨ているので捨ててもいいだろう・・・とゴミだらけの“まち”になってしまいます。

親の躾け

躾とは、子どもが自ら生命の危険から守りつつ、自由に責任を持って生きるために、子どもに社会の一員として生きるてだてを教えながら、意欲や思いやり、善いこと悪いこと、命の大切さ、生活習慣や社会のルールなどが身につくよう教え導くことです

哲学者で教育者でもあった 森信三先生 は 「しつけの三原則」 として挙げています。

① 挨拶をすること。

② 「ハイ」 すること。

③ 履物をそろえること。 離席する時に椅子を元に戻すこと。

3つとも、日常生活のことです。やろうと思えば誰でもできる、もしくはすでにできているかもしれません。ただ、よくよく考えてみると、毎日、あるいは毎回、子どもがやっているかというと、そうではないケースが多いのではないでしょうか。

親ができているか

もう1つ、この三原則で思うのは、子どもにとって最も身近な存在である親が、普段からこの3つをやっているかどうかです。

朝、自分 (親) は家族に 「おはよう」 と挨拶をしない時もあるにもかかわらず、子どもにはしつけとして挨拶をしなさいと言い聞かせるとします。子どもにとっては説得力がないように見えるでしょう。2つ目と3つ目も同様です。

自分自身のことを振り返ると、3の靴を脱いだらそろえることは、特に自宅に帰った際はできていませんでした。離席する時に椅子を元に戻すこともやっていなかったです。

日々の小事にこそ躾の本質がある

しつけ三原則に対するポイントは、一見すると小事に見える日常のことにこそ、毎回毎回できるようにすることです。脱いだ靴をそろえるのは、玄関を共有する他人への気配りです。椅子を入れることも、次に使う他人への配慮です。

一方で、やらなかったからといって、特段に誰かに迷惑をかけるというほどのことでもありません。なので、どうしてもおろそかになりがちです。

だからこそ、それができるかどうか、毎回ちゃんとできるかどうかが、しつけの大事な要素になるのではないでしょうか。そして、子どもをしつけるためには、親である自分ができているかどうかがあらためて問われます。

日々の小事にこそ、躾の本質があるのではないでしょうか。

« 平均寿命と健康寿命 | トップページ | ゆっくり生きよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71758959

この記事へのトラックバック一覧です: 親が教えなければ・・・:

« 平均寿命と健康寿命 | トップページ | ゆっくり生きよう »