« 今年も夏の終りに・・・ | トップページ | 信念を持つということ »

2017年8月30日 (水)

「ありがとう」・「ごめんなさい」の言葉

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

10ichige_akitakoma11

『ありがとう』『ごめんなさい』・・・は人と人のを結びつける大切な言葉です。心をこめて、伝えたいものです。

「ありがとう」

感謝の気持ちを相手に伝えることで、自分も、相手も幸せな気持ちになるのです。感謝は、幸福感や人生満足度と相関すると言われています。つまり、感謝の気持ちを持つだけで幸せになれるのです。

「ありがとう」と声に出して伝えることで、相手が幸せな気持ちになります。そして相手の笑顔を見ることで自分も幸せな気持ちになります。“双方向”であることが幸福感を増大させるのです。「ありがとう」の言葉には自分も相手も幸せにする力があるのです。

「ごめんなさい」

心から「ごめんなさい」と言えるのは、相手の立場になって、考えること、想像力こそが言葉に力を与えます。

謝ろうとしても、心の中に相手の悪いこが浮かぶと、素直に謝罪の言葉が出なくなりますが、そんな時は相手のいいところを挙げてみるのです。すると相手を責める気持ちが薄れ、自分の悪い点も見えてきて、不思議と相手への感謝の気持ちと謝罪の気持ち出てくるものです。

相手に共感できて、初めて、心から「ありがとう」「ごめんなさい」という言葉を発することことが出来るのです。

« 今年も夏の終りに・・・ | トップページ | 信念を持つということ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとう」・「ごめんなさい」の言葉:

« 今年も夏の終りに・・・ | トップページ | 信念を持つということ »