« 「ありがとう」・「ごめんなさい」の言葉 | トップページ | 吹く風は秋を・・・ »

2017年8月31日 (木)

信念を持つということ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

1812091

『「信念」を持つ』…生き方

「信念」とは・・・
①正しいと信じる自分の考え。固く信じて疑わない心。行動の基礎となる態度。
②神仏を固く信ずること。宗教を信じる気持ち。信仰心。

「行動の基礎となる態度」にぶれがなく、一貫性がある事が「信念」を持つという事なのです。

信念を持つには…

「行動の基礎となる態度」にぶれがなく、一貫性を持たせる。つまり「信念を持つ」には、自分の人生の中で、何か強烈に印象に残る出来事(体験)から持てるようになるのです。

この出来事を通じて受けた強烈な印象が強ければ強いほど、その体験を通じて得られた「学び」や「教訓」「考え方」は、ご自分の奥深くに浸透・・・

「固く信じて疑わない心」→「信念」が形成され、「行動の基礎となる態度」に、一貫性を持て、「信念を持つ」事が出来るのです。

融通の利かない頑固者

昭和時代の、日本人は「郷に入れば郷に従え」の考えの元、ご自分の「信念」を貫くよりも、集団生活内での「和を重んじる」、「協調性」が重視されてきました。

しかし、時代は変化し、グローバル化が進み、人前で自己主張が出来る人が活躍の出来る社会となりました。人に遠慮する事なく、「信念」のもと、はっきりとした自己主張で、人の「共感」を集め、自分らしく生きることも、大事なことです。

「信念と頑固」の違い

頑固(者)は、聞く耳持ってない・・・でも言ってる事がコロコロ変わる・・・要するに他人に言われたことは聞かないだけで、自分の考えは結局変えるのです。

信念は、考え方や芯が揺るがないし、ブレがない・・・全ての可能性を考慮した上で、対応しています。

信念はある意味、真面目とも捉えられますが、頑固(者)は決して真面目とは言えず、心が狭く、知識や理論が先走って行動が伴わない、人間と言えます。

« 「ありがとう」・「ごめんなさい」の言葉 | トップページ | 吹く風は秋を・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信念を持つということ:

« 「ありがとう」・「ごめんなさい」の言葉 | トップページ | 吹く風は秋を・・・ »