« 地域社会の現状と課題 | トップページ | 地域の力は、まだまだある »

2017年8月26日 (土)

常識について・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

町を歩いていて、気付くのですが、常識に欠ける・・・ルール・モラル・マナーなどに問題(しつけ・教育)がある人(子どもたち)を、見かけ考えてみました。

常識とは、一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力。

普通・・・常識というのは、もちろん絶対的なものではありません。その規範性は、社会に倫理として存在しています。私たちは、社会の観察や経験を通して、それを学ぶのです。

『「常識」は、時と場所で変化する』

自分では常識と思っていた事が普段生活をしている地域から少し離れた所に行くと通用しないという事があります。

また、世代間によっても常識とされている事が通用しない事もあります。地域間の事は「土地柄」とも言われるし、世代間の事は「世代間ギャップ」とも言われます。

こんな事『常識です』

お金や、財布、高価なものなどを、公園や路上などで拾った場合は、警察に届けることになります。これは常識です。今の人(特に子供たち)は知らない人が、いるのではないでしょうか?

スーパーやコンビニなどの場合は、同施設の店員に届けても良いのです。なお、届け出には期間があります。

施設内で拾った場合は24時間以内に・・・路上などで拾った場合は1週間以内に・・・届け出なければなりません。この期間を過ぎてしまった場合、たとえ悪意がなかったとしても「横領罪」が成立してしまいます。

ルールとマナーとモラル・エチケット・・・

マナーや常識は社会人としては必要不可欠ですが、実は時代や国、地域によって全く異なるし、その家によってもローカルルールが違うものです。

①・・・「ルール」=決まりごと、法律。
②・・・「モラル」=道徳。倫理。
③・・・「マナー」=思いやり、心遣い。
④・・・「エチケット」=個人に不快な思いをさせないよう気遣うこと。

明るくみんな笑顔の地域社会をづくりは、以上のような、常識を守ることが大事と思います。

« 地域社会の現状と課題 | トップページ | 地域の力は、まだまだある »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常識について・・・:

« 地域社会の現状と課題 | トップページ | 地域の力は、まだまだある »