« 情報過時代 | トップページ | お盆休みに想う »

2017年8月14日 (月)

私にとっての8月の想い

Sunflower_0041_2

『八月』

「八月」と言えば、私とって、運命?(後天運命)になっていると思っている「事柄」があります。

人生が大きく変わった出来事→誰にでもあるのではないでしょうか…感受性の強い人は意識できているでしょう。でも、意識せずに過ぎ去っている場合も多いかもしれません。

運命(後天運)というのは、生きている間(後)に天から頂く運のことです。一番大事なのは言うまでもなく、先天運よりも後天運です。

八月に出生。そして七歳で、8/2八王子の大空襲。広島(8/6、長崎8/9の原爆を知り、終戦(8月15日)を経験をしています。11歳の8/13日、母親の死に遭うという・・・まさに、8月は「今ある私」にとって、運命を左右する出来事は「この八月」だった印象です。

肉体的・精神的のも大きく関わる少年の時期、感受性の強いこの年代、怖いこと、辛いこと、悲しいことが余りのもの多かった。それら…受けた事柄が八月に集約しているように思えるのです。

幸い周りの人優しさの心くばりがあって、生きて来られたと感謝しています。そして、今の私に繋がっていると思っています。

私はいつも思っていることですが「人は一人で生きて行けません。助け、助けられて生きられる」のです。優しさと、思いやりの人間の集まりが平和な社会が創られるものと信じています。

優しさや、思いやりは、行動で示さなければ人はわかりません。毎日平和に暮せることに「ありがとう」感謝の気持ちをもって、少しでも世間のみなさんに恩返しの気持ちで、行動をしていきたいと考えています。

« 情報過時代 | トップページ | お盆休みに想う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私にとっての8月の想い:

« 情報過時代 | トップページ | お盆休みに想う »