« 私にとっての8月の想い | トップページ | ゴミを拾う人は、ゴミを捨てません »

2017年8月15日 (火)

お盆休みに想う

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

1

お盆(休み)

日本の夏行事のひとつであるお盆・・・今では盆休みは、一年の中でも、海外旅行?を楽しみにしている人は多いことでしょう。

家に仏壇はない、家の墓はもちろんない人は多いでしょう。しかし、自分の今いられることは、遠い先祖から引きついた両親のお陰で現在があるという事実があるのです。

先祖を敬う(尊んで、礼を尽くす

お盆は8月13日、あるいは7月13日から4日間、この期間にご先祖様や亡き近親者の霊魂を迎えて供養をする、仏教の行事の一つです。

今、自分が存在していることに感謝すること…伝統的習慣は大事に後世まで引き継ぐべきと考えます。

ご先祖様や数多のご縁を想う習慣があったり、ご縁に感謝するきっかけとなる行為が習慣づいた生活を送られているでしょうか・・・

忙しくて、色々なご縁やご先祖様から伝わって、今自分が存在しているという事を忘れがちな現代社会に、私たちは生きております。

今の自分が存在できているのは、色々なご縁、そして何よりも「ご先祖様から伝承される直系家族としてのご縁があるからである」・・・という事を、現代社会では忘れがちではないでしょうか?

私は、現代だからこそ、お盆休みは改めて、お盆の意味からそれらの事を、考える期間にしたいと思います。

ただ、宗派によって行為は違うとしても、少なくともお盆という季節・期間は、家族でご先祖様を想う期間であっても良いのではないか、そのような想いです。

そして何より、お盆休みという期間が、ご先祖様と現世に生きる、私たちとのご縁を、改めて考えるきっかけにしたいものです。

« 私にとっての8月の想い | トップページ | ゴミを拾う人は、ゴミを捨てません »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆休みに想う:

« 私にとっての8月の想い | トップページ | ゴミを拾う人は、ゴミを捨てません »