« 自然に生きること | トップページ | 思いやり・やさしさは行動で… »

2017年8月 1日 (火)

地域と道義について

1057935511

「道義を持った市民が創り出す社会」

「道義」とは・・・人の踏み行うべき正しい道に関するさまです。

道義を持った市民とは・・・人として正しい道を歩む市民、すなわち祖先を祀り、親孝行をし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合う。

夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動は慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べる。

さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や秩序を守ることはもちろんのこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕できる市民・・・

現在の日本には、人口の減少や少子高齢化、地域格差の拡大、政治不信や金融不安など多くの問題が山積し、先の見えない閉塞感が蔓延しています。

しかし、そんな今だからこそ改めて、それぞれの時代を生き抜いた精神や知恵に学び、確かな方向性を見出すことで、未来の子どもたちに胸を張って引き継げる社会を築くことが今を生きる私たちの責務なのです。

私たちは、一人の人間として、この地域で生きる者として、一時的な社会情勢や偏った情報に揺るがされることなく、気概と愛する心を持ち、強さと逞しさを身につけ、率先して行動しなければなりません。

先人の残した、自然豊なこの地域と、意志を受け継ぐ私たちは、将来につなげる「道義」を忘れず、「地域を大事にする」意識を強く持ち、子ども達に継承していくことが大事と考えます。

 

« 自然に生きること | トップページ | 思いやり・やさしさは行動で… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71297516

この記事へのトラックバック一覧です: 地域と道義について:

« 自然に生きること | トップページ | 思いやり・やさしさは行動で… »