« 真実と事実 | トップページ | 今を輝いて生きる »

2017年7月27日 (木)

小さな善行の積むこと

3612 

格言で・・・「持久微善(じきゅうびぜん)を積んで撓(たゆ)まず」があります。

この格言は、小さな善行を積み重ねて行くことの大切さを説いたものです。私たちは日常生活の中で人の世話をしたり、人に親切にすることがあります。

しかし、その善行は、一時的なものでは、品性を向上させるうえでは不満足です。たとえ小さな善行でも、持続して行うことによって大きな成果をもたらします。

道徳実行の生命は、不断に続けるところにあります。私たちは、喜びや悲しみ、感謝や不平不満などの目に見えない心のはたらき、あるいは人に挨拶をしたり、タバコの吸殻を投げ捨てたりするなどの小さな行為については、比較的無頓着です。

しかし、このような軽微な心づかいや行いが、時々刻々に私たちの運命を形づくっているのです。したがって私たちは、日々の小さな心づかいと行ないにも十分注意し、少しでも善行を積むように努力することが大切です。

ことに青年期は、人生経験が浅いため、道徳実行の価値を十分に理解することができず、小さな善事を積み重ねることを軽視しがちです。しかし、日々の心づかいと行ないの累積が、やがて習慣となり、それが人生の大きく左右するのです。

私したちは、日々心を新たにし、たゆまず微善を積んでいけば好運命を開くことができ、さらには明るい社会を築くことができるのです。

« 真実と事実 | トップページ | 今を輝いて生きる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71252181

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな善行の積むこと:

« 真実と事実 | トップページ | 今を輝いて生きる »