« 譲りあい・助け合いの精神 | トップページ | 自分を見失ってしまう時 »

2017年7月23日 (日)

優しさと思いやり

Photo

本当の「優しさ」とは・・・

本当の優しさとは 損得勘定なく、相手のために接することです。「見返りがなくてもいい」「お礼を言われなくてもいい」「嫌われてもいい」など相手の幸せを心から願って接することが、本当の優しさです。

時には、厳しく接することもあるでしょう。ですから、表面上は厳しく見えても、相手の幸せを願う行為なら、本当の優しさのひとつです。親が子供のために厳しく叱るのも、優しさの表現です。

先生や友達が、あなたに厳しく叱るのも、実は優しいといえます。相手の幸せを願って接することが、本当の優しさです。

本当の「思いやり」とは・・・

「思い」を相手の傍らに「遣り」、寄り添うことです。純粋に親切な心から出る行動のひとつです。その形や大きさはさまざまだです。

相手の息災を気にしてひと言声をかけてあげる…なんの見返りも期待せずに自分が持っているものを分かち合う…こうした「礼節の精神」から思いやりが生まれます。 人を思いやる行為は、巡りめぐって必ず自分に帰ってくるものです。

優しさがなくては思いやりもないのではないかと私は考えます。厳しい人は何時でも何処でも誰にでも厳しい一面しかないのでしょうか?優しさを知ってるからこその厳しさもあるのでは?

優しさの一つに「思いやり」があるのだと思います。

私のイメージですが、優しさって必ずしも無償じゃなく、見返りや下心が存在してることもあるものです。本人その気はなくても、優しくした相手に応えてもらえなかったら「あんなにしてやった」のに…感じることって、何処かで自分がしてあげた分の見返りを求めてたからです。

思いやりは全くそういうのはなく、また見せ付けたり相手に恩を着せるようなものでもなく、本当に純粋に相手のことを考えた行為だと思います。

« 譲りあい・助け合いの精神 | トップページ | 自分を見失ってしまう時 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71214966

この記事へのトラックバック一覧です: 優しさと思いやり:

« 譲りあい・助け合いの精神 | トップページ | 自分を見失ってしまう時 »