« 老い支度・・・ | トップページ | 忘己利他(もうこりた) »

2017年7月 1日 (土)

人の役にたつ人間・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

00nyudogumobgm1 

「人の役に立つ人」

むかし、母親に「人の役に立つ人になりなさい」と言われた事を覚えています。

人の役に立つ人とは・・・

相手の気持ちになって行動出来る人。周囲を気遣いつつも意見が言える人。思いやりのある人。優しくて親切な人。いざという時に頼りになる人。責任感のある人。正義感が強い人などでしょう。

人の役に立つというのは、いろんなシチュエーションで変わると思いますが、身近な存在なら悩みを聞いてくれる人って大事です。内容によっては、誰でも話せないけど、この人だったら…人が身近にいたら正直気が楽になります。

また、仕事で困ってる時に、何気に声を掛けてくれて、さりげなく助けてくれる人も、こいつイイヤツ、頼れるなって思います。

要は、その人「必要な時に思う役立つ人」です。自分が困ってる時に…こんな助け船を出してくれる人いないかな?って思う時に、自分が「そんな人」になればいいんです。

利他的行動

辞書では… みずからの利益を犠牲にして他の個体を助ける行動。

共生きの世です。世の中では今、何を必要としているのか・・・

世の中で必要なことをしっかりと自分で見つけだせれば、それが仕事になり、生きていけるはずです。また必要とされる人格、必要とする能力をそなえた人ならば、世の中は必ずその人を必要とするでしょう。

功徳を積み重ねて、自らの功徳を他の人にめぐらせる…。功徳を持った人、行動する人が多い世の中になれば、世は平和になるのです。

今の世の中、America First・都民ファースト・マイファースト?(自己中心【egocentrism】)的な考えの人が多くなたように思えます。

「他を幸せにしなければ、自らの幸せはない」、人生は利他行です。

この利他の願いを持ち続ける限り、その人は優秀であり、価値のある人間です。自分に満足できる生き方は利他行により可能になるでしょう。

生きとし生ける命は、お互いに生かし合っている。。。どんな命も欠くべからざる存在であり、どれ一つが欠けても他を生かせないのでしょう。どんな生き物でもその命は自然のめぐりによって親のもとに生まれた命です。

どんな人でも自然のめぐりによってこの世に必要だから生まれてきた、かけがえのない命です。そして、この世に生きているということは、自分のために生きているのではなく、他の命のために生きているのだという、利他の根本原則があります。

生かし合うのが生きものの姿です、どんな生き物も、命を生かし合っているから生きていける。大きな命の循環に気づきたいものです。

« 老い支度・・・ | トップページ | 忘己利他(もうこりた) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71014512

この記事へのトラックバック一覧です: 人の役にたつ人間・・・:

« 老い支度・・・ | トップページ | 忘己利他(もうこりた) »