« 核家族化の問題 | トップページ | 恩を知り感謝する心 »

2017年7月 4日 (火)

人間の生き方の原点

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

426c64451

「日々新又日新」

殷の湯王(とうおう)という人は顔を洗う洗面器に、「苟(まこと)に日日に新たに、日々に新たにして、又た日々に新たなり」・・・と、貼り付けておられたということです。

「苟に日に新たに、日々に新たにして、又た日に新たなり」

「毎朝顔を洗うがごとく、心も毎日新しくならにゃいかん。」と言うことです。毎日新しい心で、ということは何にも一物も持たない心で新しい世界に触れていくならば、この世界は新しい感覚で見られるということです。

きのうの太陽が出ているようだけれども、厳密に言うたら、あれだけ熱量を発散したら昨日の太陽と今日の太陽とは熱量が違うはずです。

野山の草木を見ても、きのう美しい花が咲いていても、今日は咲かない。水の流れは毎日違っています。

自然の世界は毎日新しい・・・人間の心だけが古いところにこだわっている・・・。私たちの人間の体でも新陳代謝して、昨日の細胞と今日の細胞とは違うのです。

すべてが新しくなっていくのですから、心も新しくして・・・

きのうのことは忘れて・・・

きのう喧嘩したことは忘れて・・・

きのう人を恨んだことは忘れて・・・

良いことも嬉しかったこともすべて忘れて・・・

新しい心で今日を迎えていくということです。それが本当の人間の生き方の「原点」であり、正しい生き方であると思います。

« 核家族化の問題 | トップページ | 恩を知り感謝する心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71042184

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の生き方の原点:

« 核家族化の問題 | トップページ | 恩を知り感謝する心 »