« 人生は苦の連続だ | トップページ | 私たちのまちの盆踊り »

2017年7月30日 (日)

ふるさとを大切にする心

800pxkurokawa_06b6216x1

「道徳教育」

子どもたちが、生命を大切にする心や他人を思いやる心、善悪の判断などの規範意識等の道徳性を身に付けることは、とても重要です。

「ふるさとを大切にする心」

生まれ育ったふるさとは、自己形成に大きな役割を果たすと共に、一生にわたって、大きな精神的な支えとなるのです。

都市化現象が進み生活様式が激変している現代、隣の付き合いや、地域の行事に参加する割合が減り、社会の連帯感が薄くなってきています。

むかしに比べ、地域に遊び場や、自然が少なくなり、塾通いなどで子どもが地域に親しむ機会が減って、子どもが持っている「ふるさと」を思う心と道徳意識は共通しています。

文化や伝統を大切にする心の重要性として、「文化や伝統は、地域に根ざしたものが多く、地域の人々の思いや願いが脈々と受け継がれてきたものです。

子どもたちが、ふるさとの文化と伝統と関わりを深め、自分が生まれ育ったところを誇りに思い、感謝する心持つことによって、道徳心を養い、「生きる力」の根底支える、道徳的諸価値感の育成を図ることが出来ると確信します。

« 人生は苦の連続だ | トップページ | 私たちのまちの盆踊り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/71280914

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさとを大切にする心:

« 人生は苦の連続だ | トップページ | 私たちのまちの盆踊り »