« 心の教育 | トップページ | 自冶会・町内会の現代的課題 »

2017年6月22日 (木)

きずなづくり基本

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Photo

目配り・気配り・心配り

「目配り」・・・自分のことばかりではなく、周囲にも目を向けられるような余裕を持つこと。

「気配り」・・・相手のことを考えて行動をすること。

「心配り」・・・協力しようというキモチを持つこと。

目配り・・・気配り・・・心配り・・・が「きずなづくり」の基本です。

「きずなづくり」・・・主体的に取り組む共同的な活動を通じて、地域住民が「絆」を感じ取り、紡いでいくとを指しています。

「絆を紡ぐ」・・・人と人との結びつきが、大きな利害の中で錯綜しているときに、たった一本の大切な糸のように、絆というものを作りだすことです。

自己中心的な人ばかりでは、安心できる社会成り立ちません。

「心配り」協力しようというキモチを持つ・・・困っている人がいたら、見てみぬふりをしないで、率先して手を差し延べてあげることです。

重たそうな荷物を持っている人がいたら、一緒に運んであげたり・・・本当にちょっとしたことでもに気がつくだけで、絆の大事さを感じるのです。

« 心の教育 | トップページ | 自冶会・町内会の現代的課題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70930078

この記事へのトラックバック一覧です: きずなづくり基本:

« 心の教育 | トップページ | 自冶会・町内会の現代的課題 »