« 人生はスタートの連続です | トップページ | 生きる真の目的・・・ »

2017年5月14日 (日)

母の日に思う

Dianthus_caryophyllus_spray_carnati

「親思う心にまさる親心 」

子が親を思う気持ち以上に、親の子に対する慈愛の気持ちはさらに強いものだということです。 《吉田松陰の歌「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」から》

今日は「母の日」です。

昭和24年に日本でもアメリカにならって5月の第二日曜を「母の日」としたのです。

私は、終戦後、物・食料不足の、苦しい生活を体験しています。

私の母親は、昭和24年8月に、今思うと、薬や治療もない時代で、神や仏に祈るだけ・・・胃潰瘍で48歳で亡くなりました。

昭和20年3月、アメリカ軍の飛行機で焼夷弾が落とされ、防空壕に入ったとき、私たち子供(兄や妹)を、先に入れ母親は最後に入って、子どもたちを優先に「命を守ってくれた」・・・記憶が今でも鮮明に記憶に残っています。

世間一般に貧しかったせいもあるけれど、母親は子供の食べ残しで食事をすませることも多かったように思います。

母親の子を思う心は、「自分の命を賭けても守る」という強い愛情があると思います。それは、動物的「本能」からだと思います。

最近のニュースで若い母親が、気温28度もする日中に車の中に5時間も放置し死亡させたという。母親の資格ナシです。目に見えない、子どもの虐待などがあるそうですが、それは、母親本人が悪いのですが、社会の風潮が悪いのではないでしょうか・・・

それは教育も大きく関係していると思います。

基本的には、子育ては親が見本です。親が命を大切にしてたら子供にも伝わります。子は親の背を見て育つといいます。言葉だけで諭すより、親の背中で語れるものもあるのでしょう。

まずは、私達がその見本となって、命を大切にすることを学ばなければならないのかも知れません。

|

« 人生はスタートの連続です | トップページ | 生きる真の目的・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70556178

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日に思う:

« 人生はスタートの連続です | トップページ | 生きる真の目的・・・ »