« 片倉地域安全センターのこと | トップページ | 随分遠くに来たものだ »

2017年5月28日 (日)

福祉のこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Tdk0201

私は、由井西部地域住民協議会のメンバーで活動させていただいていますが、その原点?である「福祉」について考えて見ました。

「福祉」とは

それぞれの漢字の意味をみてみると・・・

福祉」は広義では「幸福、安寧」や「良く生きること」などを指す。

「福」運のよいこと。幸運。幸い。しあわせ。

「祉」=神のめぐみ。さいわい。

合わせて「福祉」となっています。

つまり、この「福」と「祉」という漢字の両方ともが、幸せをあらわす意味であり、それが重ね社会福祉は、慈善や相互扶助のみではなく、国の責任で向上・増進させるべきと考えられていることです。

日本国憲法第25条第2項(生存権)にもとづいて、厚生労働省管轄のもと、取り組まれている政策のことであり、同条による「国は、すべての生活部面について社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」

と規定されている通り、社会福祉は、慈善や相互扶助のみではなく、国の責任で向上・増進させるべきと考えられていることです。

由井西部地域住民協議会

私たちのまちの「由井西部地域住民協議会」の会則

目的・・・「地域住民の文化の向上および、福利厚生をはかるとともにコミュニティ諸活動を推進し、連帯感のある健康で明るい町づくりに、寄与することを目的にする」

社会福祉協議会は、地域のサービス提供機関や団体との調整、これら機関・団体間の調整、新しい資源の開拓など、いずれも広い意味での地域社会を対象としたもので、奥が深く、幅の広い活動になるもので、理想と現実で悩んでいる一人です。

« 片倉地域安全センターのこと | トップページ | 随分遠くに来たものだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70691392

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉のこと:

« 片倉地域安全センターのこと | トップページ | 随分遠くに来たものだ »