« 梅の実 | トップページ | 人の心は大地の畑 »

2017年5月13日 (土)

上手に年を取ること

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

3cb18c360c9ca6fa087260813d7965851

上手な年をとり方は、「自分に無理ではなく、我がままでもなく」というスタンスを確立していくことです。

若いころには、人並みか、それ以上に・・・という意識が強かったと思いますが、年を重ねるごとに、自分は自分、人は人、という悟り?を持つようになりました。

何をするにも、今までの経験の範疇でしか行動をしない、新しいことへのチャレンジすることが徐々に薄れてくるようなりました。いわゆる安全運転を心がけるということです。「あーこれが老化ということなのかな・・・」と思ったりしてます。

世間には、良い年の取り方をされてる?・・・という方は沢山いますが、私はあえて真似しないように考えています。

ものの考え方や精神的体験、具体的な人生経験などは違います。形成された人格は様々に異なっていて当然だと思うし「これが正解です」という事もないように思います。

素敵な人は素敵だと認めた上で、自分は自分なりにその時々においてベストの判断、行動を心掛けておればよい、と思っています。結果として世間のスタンダードからはずれた年の取り方になってしまっても、どうということはありません。

世間体とか、人並みとか、人以上とか、そういう他人との比較で神経をすり減らすのも馬鹿らしいような気がしております。どうせ一生、死ぬまで生きるだけの事です。

公序良俗に反しないなかで、自分を大事にしたいと思ってます。人を気づかうばかりではなく、もっと自分も大事にすることです。

もう少し自己主張しても・・・「ワガママ」にならない境界線というのは、これまでの人生経験で「しっかり身に付いている!」ということに、自信をもっています。

吉田兼好の徒然草に・・・

「何方(いずかた)をも 捨て じ と 心 にとり 持ち ては、 一事 も 成る べから ず」

何でもかんでも 手 を 付け て い ては、 どれ も 中途半端 な まま で 完成 し ない。重要 な もの に 焦点 を 絞っ て、 他 の もの は 思い切っ て 捨て去る 決断力 が 必要という意味です。

年を重ね、最近思うようになりました。

|

« 梅の実 | トップページ | 人の心は大地の畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70546342

この記事へのトラックバック一覧です: 上手に年を取ること:

« 梅の実 | トップページ | 人の心は大地の畑 »