« 季節外れの暑さ | トップページ | 老化は足から・・・ »

2017年5月20日 (土)

年々歳々花相似たり・・・

3612

今日の東京地方…朝から晴れて、真夏のような暑さになりました。「庭木の剪定」・・・昨日の続きの作業を午前中行う。

咲き終わった、モッコウバラの刈り込み片付けをしながら、ふと思い出す・・・

年々歳々花相似たり歳々年々人同じからず」・・・『劉 希夷(りゅう きい)中国唐代の詩人の詩』

あれほど咲き誇った花は見る影もなく散ってしまう。人もまた時々刻々老いゆきて、そして彼の黄泉の世界へと去ってゆく。一時一刻もとぎれることのない大自然の動き、諸行無常は世の習い。

花咲くも無常であり、花散る もまた無常で常に変化してやまないのがこの世の常なのだ。諸行無常の世の中に、常なるものは一つもなく明日のわが命さえ知れない。

この儚いものなのに、何時までもあるかのように迷夢に酔い痴れてお金に執着し、物とらわれ・・・名声、名誉を追い求め、限りなく欲望を募らせて争い奪い合い憎しみ合い、殺し合っての愚を繰り返しているのが私ども人間なのです。

近所の人から、相模原の北公園が、今バラのみどころだという、行って見たくなったなぁー

« 季節外れの暑さ | トップページ | 老化は足から・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70618899

この記事へのトラックバック一覧です: 年々歳々花相似たり・・・:

« 季節外れの暑さ | トップページ | 老化は足から・・・ »