« 感謝の心は幸せ心 | トップページ | 歌で訪ねる故郷…想う »

2017年5月 3日 (水)

生きがいとは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

165815310_6241

人間が生きること・・・

人間も他の生き物と同じように、「目的は後世に子孫を残し、後世に命をつなげる」ことです。人間が安心して生きていかれるように、「よりよい環境をづくり、繁栄することである」と思っています。

生きがいとは・・・

ごく一般的には[生きる喜び」「生きる張り合い」の基になる事や物をいう。 「人の役に立つ、社会に貢献するのが生きがいである」という人もいます。また「人生は愛する人のためにある」と考える人もあります。

何か目標をつくりそれをやり遂げると、やり遂げたときの達成感・・・それが、生きる原動力(生きがい)であると考え、それらを行動のよりどころとしてきました。

しかし、そういう意義や目的を考えられるのは実は恵まれた状況にあるからかもしれません。一方で、さまざまな理由で生きるだけが精一杯であったり、歳を取って社会に役に立たなくなったり、あるいは健康を害して人の世話にならざるを得なくなる可能性も大きいのです。

そうなると生きるのも苦しくなります。しかし生き物の世界を見るとそんな悩みはもともと存在しないのではないかと思います。本能として、次世代にいのちを繋ぐこと、そしてそのために存在することが本来の意義であり目的であると教えてくれているようです。

人間も、何のためでもない、ただ生きるのが目的、本当はそれでよいのだと思えてきます。自然の摂理により、時間を戻すことはできません。そして、永遠に生きることは不可能なため、子孫を残して自分は死んでいきます。

たとえ固体としてのいのちがそこで終わっても、自らが子孫を残さなくても種としては保存されます。そして死んで土に還ることでまた別のいのちを育みます。

生きているということは、分子の流れが遅いか、一時的に留まる部分を意味していると考えれば、生と死は連続的で区別は必要ないといえるのかもしれません。(といってもやはり死は怖い)

ーーー「人間は、動物のようにただ一生懸命生きればよい。素直に、そしてあるがままに」ーーー

|

« 感謝の心は幸せ心 | トップページ | 歌で訪ねる故郷…想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70451413

この記事へのトラックバック一覧です: 生きがいとは・・・:

« 感謝の心は幸せ心 | トップページ | 歌で訪ねる故郷…想う »