« 随分遠くに来たものだ | トップページ | 老鶯は・・・ »

2017年5月29日 (月)

人生と大河の流れ・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Pixta_7968297_m1_2

自分の人生の目標を立て、努力してもできないことが多いものです。多くの人は、自分の人生は自分でコントロールできると考えています。

だからこそ、仕事や勉強、趣味や恋愛など人生のあらゆる場面において綿密な計画を立て、それを実現しようとします。

私は、人間が生きていくうえで、自分でコントロールできる部分は限られているのではないかと考えています。もちろん自分の思い通りにいくこともありますが、多くのことは実は自分の力で何とも変えがたいものです。

必ずしも自分でコントロールできないのが人生だと認識しておけば、仮に計画したことが予想通りに進展しなくても、こころにストレスを感じることが少なくなると思うのです。

「人生は大河の中に泳いでいるようなもの」

大河の流れでも、中央と岸では川の流れは違います。中央の流れは激流で、岸では穏やかな流れです。激流に逆らって上ろうとしたり、緩やかな流れをあえて求めない行為をしても、大河の流れは変らないのです。

子どものころは、流れの穏やかな岸で・・・成長するにしたがって、徐々に体力がついて来て、激しい流れの中に入っていく・・・

大河の流れを知る・・・これは教育であり、経験を積み重ねです。

いきなり若者が、大河の中部の流れの激しい部分に入ってはむかって、命に関わるような行為をすることがあります。冒険心も、ある程度は大事なことですが、体力・知力をつけて、中央に進出し荒波で泳ぎ出て行く・・・

中央部に行くほど、いろいろな障害物が流れてきます。それらをどう処理するかに、その人の価値が決まってくるのです。挑戦も大事、怖がってばかりでは成長はありません。

« 随分遠くに来たものだ | トップページ | 老鶯は・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70701455

この記事へのトラックバック一覧です: 人生と大河の流れ・・・:

« 随分遠くに来たものだ | トップページ | 老鶯は・・・ »