« 憲法改正を考える | トップページ | モラル・マナーを守って下さい »

2017年5月 5日 (金)

何かをしない事を決めること

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

9b772cf88475fdaa915626fc6b60724a1

Apple社の創業者であるスティーブ・ジョブズの名言で・・・

「何をしないかを決めることは、何をするのかを決めるのと同じくらい大事なことだ」…と語っています。

く生きるほど、増える悩みがあります。

新たな課題に挑戦するには、今まで続けた事を止めることも大事なことだと思います。人には、キャパシティ (capacity) ・・・保持、受け入れ、または 、能力的な許容範囲があります。

何かをしないことを決めないと、飽和状態になり、未来に進みづらくなることです。新しい未来を、切り開きにくくなるのです。人生がマンネリ化を防ぐには、過去を切り捨てることも大切です。

長く生きるほど、過去(しがらみ)自然と増えていきます。いい思い出もあれば、悪い思い出もあります。いずれも、大切な成長の記録です、しかし、過去は、邪魔になることもあります。

執着が増え、こだわりが増えて、先入観が増えます。自分の可能性を、なかなか越えることができません。過去が輝かしいほど、後ろばかりが気になり、前を向きづらくなります。

いい思い出であるゆえに、重いのです。気づけば、同じことばかり繰り返す自分がいて、未来に進みにくくなっています。未来に進めないのではありません。

過去を捨てていないから、未来に進めないのです。未来に進むなら、まず過去を捨てることが必要です。過去を捨てるほど、身も心も軽くなり、新しい未来を切り開きやすくなります。

気持ちのいい安心感を振り切って、捨てることです。

過去の失敗だけでなく、成功体験もです。執着を捨て、こだわりは気にせず、先入観も忘れます。過去を捨てることが、新しい自分に生まれ変わる第一歩です。捨てるから、新しいものを受け入れられ、未来に進めるようになります。

|

« 憲法改正を考える | トップページ | モラル・マナーを守って下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70469044

この記事へのトラックバック一覧です: 何かをしない事を決めること:

« 憲法改正を考える | トップページ | モラル・マナーを守って下さい »