« 永遠にきらめく我がまち | トップページ | 素敵な目のかがやき »

2017年4月11日 (火)

社会人基礎力

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Ka_0721
.

価値観の多様化の社会で生きく「社会人の基礎力」とは・・・

① 「柔軟性」・・・「意見の違いや立場の違いを理解する力」養う

柔軟性は、社会で生活するうえではとても重要な能力です。社会人として生活する際には、自分が住んでいる地域の人々との付き合いが大事です。また、仕事では職場の同僚や取引先企業の担当者と一緒に仕事を進めなければなりません。

「自分のルールや、やり方に固執するのではなく、相手の意見や立場を尊重し理解する」

新しい考え方を積極的に理解しようとし、必要なら受け入れるという姿勢は、人が成長するうえでは欠かせません。

② 他人の意見や立場を理解する

社会(職場・地域などの)人たちと、うまく付き合うためには、お互いが理解し合う必要があります。意見の違いや立場の違いを理解しなかったら物事は先に進みません。誰しもが、柔軟性・他人の意見や立場理解することです。

自分と異なる考え方や価値観に出会った際には、拒否するのではなく、まずは「そういう考えもあるんだ」と理解するようすることです。許容できる範囲であれば、受け入れることも必要です。

単に人の意見や考え方に従うということはなく、自分のルールややり方に固執するのではなく、自分なりのルールややり方を持っていることが前提です。

③ 年齢や環境の異なる人と出会える場に出て行く

では、柔軟性を高めるにはどうすればいいのでしょうか・・・まずは、自分と異なるバックボーン(サークル・なんらかの団体)の人や世代の異なる人と付き合ったり、話をしたりする機会を増やすことです。自分と異なる意見や考え方を持った人と出会うように心がけることです。

自分とは全く異なる環境にいる人々と接することができる場に身を置いてみる・・・そうした異なる価値観に触れ、理解することが、柔軟性をより高めてくれます。

|

« 永遠にきらめく我がまち | トップページ | 素敵な目のかがやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70219352

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人基礎力:

« 永遠にきらめく我がまち | トップページ | 素敵な目のかがやき »