« 楽に生きられる世はありません | トップページ | 世の中自己中心の人が多い »

2017年4月28日 (金)

犬のフンは飼い主の責任で・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

11749885491

日本の世帯数の14.42%程度(平成27年991.7万頭…ペットフード協会調べ)が犬をペットとして飼う時代です。

まちを歩いていても犬の散歩をしている人を数多く見かけます。生活に喜びが増えたり、人と人を繋ぐコミュニケーションが増えるという理由から飼う人が多いようです。

今年3月9日八王子市北野まちで幼児を噛み殺すという衝撃的な事故がありました。

そして、吠えてうるさいなど、犬にまつわるご近所トラブルが多いようです。被害の中でも多いのが、「犬のフン」の処理にまつわるトラブルです。 

散歩の最中にフンを片付けない人が・・・

公園にフンがたびたび放置されて困っています。そして家の前の道路に・・・1度でも被害を受けた方は、多くいるかと思います。

私は、八王子市公園課に事情を話し看板を取り付けていただき・・・警察にパトロール(夜間を)お願いしたりしていますが、一向になくなりません。

私たちのまちの公園(時田公園)に犬のフンが放置されているのです。また、ビニールの袋に入れまま、捨てられていることも。。。。

これらは本来、マナーやモラルの問題であるとはいえ、まちを汚す人々の行為を嘆く声を、多く耳にします。美しい生活環境を守るための方策は・・・飼い主の責任で、キチット始末することです。

犬のフンは飼い主が始末をしましょう

飼い犬等のフンをそのまま放置しておくと、保育園の園児たちが砂遊びをします、不衛生です。そして、公園を利用する人に、不快な思いをさせたりします。

飼い犬を散歩させるときには、必ずポリ袋やスコップなどの回収用具を持ち、フンは持ち帰るようにして下さい。

|

« 楽に生きられる世はありません | トップページ | 世の中自己中心の人が多い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70400558

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のフンは飼い主の責任で・・・:

« 楽に生きられる世はありません | トップページ | 世の中自己中心の人が多い »