« お花見のこと | トップページ | 老いるとは・・・ »

2017年3月31日 (金)

子どもの道徳教育について

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

646452111

多くの人が利用する公園・広場なの公共施設の利用の仕方(マナー)で、利用する人の「人間性」が分るような気がします。

いま、子どもの道徳教育が問題となっていますが、公園の利用規則が掲示されていますが、無視している?人がいるのです。タバコの吸い殻を捨ててあるのを見たり、ビールの空き缶が捨ててあるのを見て・・・子どもは、お菓子の空き袋捨ててしまう?「規則は守らなくてもいいんだ。」と思う大人になってしまう?

「規範意識」のない大人になっているのが、これほどまでに社会の価値観が揺らぎ、人の心が荒廃しているのではないでしょうか・・・

子どもに向かって堂々とモラルを説ける大人がどれほどいるでしうか?これはしてはいけないことだ、あれはこうすべきだと、明確に規範を示し、倫理を説ける。。。そういう識見と精神、重厚な人格を有した人物がどれだけいるでしょうか・・・

 それを思うと、私なども忸怩(じくじ)たる思いです。正しい生き方とは、けっしてむずかしいことではないはずです。子どものときに親から教わった、ごく当たり前の道徳心・・・ 嘘をつくな・・・正直であれ・・・人をだましてはいけない・・・欲張ない・・・

そういうシンプルな規範の意味をあらためて考え直し、それをきちんと遵守することがいまこそ必要と強く思うのです。

« お花見のこと | トップページ | 老いるとは・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70100830

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの道徳教育について:

« お花見のこと | トップページ | 老いるとは・・・ »