« 吹く風に春の匂い | トップページ | 地域社会を考える »

2017年3月 9日 (木)

悩み多き人生

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

030071xe11

生きていれば悩みは誰でもあるのです。悩みない人はいません。

悩むのは真面目に生きている証拠であり、現状よりもっと良くしたいと、思う向上心がある人です。人の悩みは、客観的で、具体的に把握できそうな問題と、主観的な問題があると思います。

客観的な悩みは・・・

家族の問題、仕事の問題、経済的な問題、人間関係、また身体のこと、病気の問題です。

主観的な悩みは(自分の性格から現れる問題)・・・

弱気、消極性、好き嫌いが激しい、完璧主義、エゴ的な性格の人です。

このような性格の人々は実際の社会に入ったところで、現実はいつも自分の性格に合わないことに気付いて悩むと思います。

諦めること・・・

悩みを解決することの一つに、「諦める」ことがあります。

何もかもを望んでも、その全てが叶うことはありません。全部やろうとすれば何もできなくなる。「選ぶ」ということは「諦める」ということです。人生は諦めの連続でもあるのです。

取捨選択・・・

人には、誰もがでもできること、できないことがあります。その中で何を選び、何を捨てるのかということ。自分にないものに執着していては、今あるものさえ見えなくさせます。

そして、私たちは万能ではなく、できることにも限りがあります。人生の時間は有限で、私たちが生きる時間にも終わりはあります。

変えようのないものを変えようとするから辛くなる。自分ではどうしようもないものに縛られているから苦しくなるのです。上手くいかなければ、やり方を変えてもいいのです。

これ以外にないという考えに囚われなくていい。ここまで続けてきたのにと、自らを縛り付けなくてもいいのです。

|

« 吹く風に春の匂い | トップページ | 地域社会を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/69857548

この記事へのトラックバック一覧です: 悩み多き人生:

« 吹く風に春の匂い | トップページ | 地域社会を考える »