« 郷土を愛すること | トップページ | お花見のこと »

2017年3月29日 (水)

自己の確立と協調性

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Bachalpseeflowers1

自分が信じることが出来る“モノ”がある人は幸せです。

モノとは、宗教(神)などの絶対的なことです。

・・・しかし、現在の日本では、この幸せな人は少ないと思います。

機械文明が進み、変化が激しく、世の中が価値観の多様化になる中で、自分の信じる「基軸」を持たない人が多いと思います。

精神的な軸がないから、行動も考え方も、意見も、その都度ぶれる・・・つまり、極めて刹那的な生き方になる上、迷いと、戸惑いとなるのです。

「自立」とは「自己の確立」のことです。

「個性」「自分らしさ」が大事ですが、「お互いに認め合う」協調性の中で、社会は維持されています。しかし、現社会を見ますと残念ながら、自己の確立(つまり自立)なく、生きている人が実に多いように思います。

人間が社会で、生きて行くためには「自己の確立」が大切です。「自分の感情や価値観をすべて自分でコントロールすること」・・・それが自己確立と思います。

もちろん「自立」は「自己中心」ではありません。自己中心の勘違い者は、我を通す(我がまま)・横車を押す、だけで「信じた何か」を持っている訳ではありません。

ご都合民主主義の中で、勘違いの「平等意識」だけが一人歩きしています。つまり、平等を主張することで、自己確立したと勘違いしている人が実に多いと思います。

|

« 郷土を愛すること | トップページ | お花見のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/70071225

この記事へのトラックバック一覧です: 自己の確立と協調性:

« 郷土を愛すること | トップページ | お花見のこと »