« 春が近づく | トップページ | 心に栄養を・・・ »

2017年2月26日 (日)

一滴の雫

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

Dscn22581

「大河の流れも一滴の雫から」というけれど・・・

こんなにも絶え間なく、なみなみとして流れていくためには、 雫をどれだけあつめればいいのだろうと・・・想像するだけで、気が遠くなるほどです。

そして、同時に思う。

滴の水から海へたどり着くまで長い道中は、さまざまな出会いがあるでしょう。自然の関わり合いで、その水の質はきれいな水であったり、汚れてしまったりするのです。

童謡の「春の小川」(高野辰之作詞、岡野貞作曲)思い出しました。

♪春の小川は さらさら行くよ
岸のすみれや れんげの花に
すがたやさしく 色うつくしく
咲けよ咲けよと ささやきながら

春の小川は さらさら行くよ
えびやめだかや 小ぶなのむれに
今日も一日 ひなたでおよぎ
遊べ遊べと ささやきながら♪

きれいな川を守りたいですね。

|

« 春が近づく | トップページ | 心に栄養を・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/69730214

この記事へのトラックバック一覧です: 一滴の雫:

« 春が近づく | トップページ | 心に栄養を・・・ »