« 郷土愛する心 | トップページ | 感謝の心を持って生きる »

2017年1月21日 (土)

八十の春を待つ

000000811

人生の  八十の坂越え 春を待つ

子どもの頃の、童謡で「船頭さん」という唄に・・・

♪村の渡しの 船頭さんは
  ことし六十おじいさん
  歳はとっても お舟をこぐときは
  元気一杯 ろがしなる ソレ
  ギッチラ ギッチラ ギッチラコ♪・・・とありました。

そのころ、60歳なんて・・・
想像もつかない遠い将来のことと思っていました。

今私は今年80歳になります。子ども頃は、想い・・・以外です。
80歳を振り返りますと、上り坂・下り坂・真坂の道を経験して来ました。

これから先は未知の世界、不安もあるが、期待も持って、春を待つことにしよう。

|

« 郷土愛する心 | トップページ | 感謝の心を持って生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69672/69324244

この記事へのトラックバック一覧です: 八十の春を待つ:

« 郷土愛する心 | トップページ | 感謝の心を持って生きる »